占い入門
HOME マップ
 
 
 
 
  占いの歴史 占いの種類 電話占い 電話占いのメニュー 占い師を目指す 豆知識 用語集  
 
     
 
 占い用語集 〜占いに関する単語を集めてみました〜

 五 行

占いでは良く聞く言葉ですがこの「五行」とは、木・火・土・金・水の五つの性質のことを示しています。古代の人々は、この五行の循環で栄枯盛衰の全てが解説することができ五行説を作成したようです。木が火を生じるというのを相生といいますが、これも、宇宙の木星と火星が隣りあって並んでいることがルーツになっているようですよ。 



 十 二 運 星

十干(甲乙・・癸)と十二支(子丑寅・・亥)の組み合わせの結果によって新しい意味が生まれてきます。そしてその結果どういう星になるのかを十二運星といいます。そしてこの十二運勢というのは、実際には心と体のバランスを意味しています。胎(たい)・養(よう)・長生(ちょうせい)・沐浴(もくよく)・冠帯(かんたい)・建禄(けんろく)・帝旺(ていおう)・衰(すい)・病(びょう)・死(止)(し)・墓(ぼ)・絶(ぜつ)の12個の星を指しています。胎から帝旺が成長過程にあって前向きのタイプ、衰から絶が慎重なタイプと2タイプで覚えると分かりやすいのでは?


 天 干

まず、基本として四柱推命の構成は、天干、そして地支の2層から構成されていますね。天干は、十干(甲乙・・癸)から構成されています。そして地支は十二支(子丑・・亥)から構成されています。ここで、一番重要なことは、天干は人間の気を表すということ。つまり!人間の精神を表しているということなのです。精神は、人の思考や感情の働きなどを総括しているものであって、人生いかに生きるべきかということを把握するものとも言えます。



蔵 干

この蔵干とは、特に日本の占い師の人達が気に入って使っている四柱推命の地支に含まれる十干(甲乙・・癸)のことを示しています。蔵干は地に蔵する干という意味が含まれていて、五行の変化があります。余気(よき)、中気(ちゅうき)、正気(せいき)と分けて五行の変化を表現しています。



三 比 の 命

この三比の命というのは、同じ五行の干が、天干に3つ並ぶことを意味しているのです。古くから、そういった偏りのある命式の人は、一般的なサラリーマンや公務員では修まらずにもっと上を目指し政治家などになりたいといった人が多いそうです。驚くことに、橋本元総理や小泉総理などが、この三比の命になっているのです。


 
   
ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占い入門. All Rights Reserved.