占い入門 
HOME マップ
 
 
 
 
  占いの歴史 占いの種類 電話占い 電話占いのメニュー 占い師を目指す 豆知識 用語集  
 
     
 
 占いの種類について

 占いの種類は大きく3つに分けられます。

   
その人が先天的に持っている性格や運勢などを占います。「命」では生まれた年月日を使って占っていきます。
出来れば出生時間と出生地も分かっていると良いようですが、不明でも熟練した占い師でしたら、その人の容姿、声や話し方だったり、好きな食べ物や異性のタイプの好き嫌い、今までの運勢の流れといったすべてのことから、その人の星回り/五行のバランスを推測して占うことが出来るようです。代表的な占いとして西洋占星術、四柱推命、紫微インド占星術などがあります。
この占いの特徴は、偶然を利用して、一つのテーマの状況や展開を占うといったことです。
例えば、コインを投げて裏か表かで行き先を決めたり、靴を投げて天気予報をする等同じ仕組みと考えると理解しやすいですよね?
この占いを行う上で何を占いたいのか?という応えをはっきりさせればさせる程、結果は当たると言われています。
代表的な占いとしてタロット、易、ルーン、また、トランプやサイコロなどがあります。
 

「相」は、ある事物の姿形や様子などを基にして占ていきます。
風水(家相、墓相、地相などがありますが、最近では特に家相が話題ですね。)、人相、手相などが代表的でしょう。姓名判断もこの中に含まれているようですよ。




占いのタイプを大まかに紹介してみましたが、これらの3種類の中で基本になるのは「命」の占いとされています。ですからそれを踏まえた上でなければ、卜の占いも相の占いも効果は発揮出来ないと言われているようです。「命」の占いの場合、その人の性格や他人との相性、その人の適職や人生での変化や傾向を把握するためにはかなり適しているようなのですが、現在起こっている問題や個々の人間関係などに対してまでは明確に出来ないようです。そういえば、よく芸能人の芸名に総画数33画の名前が使われているのを見かけます。この33画は頭領運と呼ばれていて大吉数と言われています。だからといって、総画数33画の芸能人が全てトップに立ってる訳ではないんです。なぜなら、「命」の占いで、この人は人の補佐役に向いている場合や、リーダーに引っ張ってってもらうのが向いてる人、愛嬌があって愛されるタイプの人などに、トップ向きの33画の名前を付けたとしても、本来からトップ向きの人にかなうわけもありませんよね。それだけではなく、もともと自分本来の個性もうまく伸ばすことが出来ずに結果的にマイナスになってしまう事もあるのです。
そこで、活躍するのが「ト占」なのです。「ト占」なら本人が気付いていないような自分の性格や現在起こっている問題に対しても解決策があり、心境、感情などや結果などもかなりはっきり出ると言われています。しかし基本的性格や相性、天職から将来、年間や人生全体などなど・・という部分では、範囲が広すぎて明確に答えを出すことが難しいようです。 これらを知った上で占いを依頼するときには、性格や相性や将来的な相談なら命占が出来る占い師に依頼しましょう。そして現在の恋人の本心や、いま現在自分を取り巻く環境や仕事に関する悩み事、近い未来が気になる場合などは「ト占」が出来る占い師に依頼すると信頼度の高い結果を招くことが出来るでしょう。

 
   
ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占い入門. All Rights Reserved.